1931年11月 川端秀太郎、個人経営にて「川端ゴム工業所」を設立
1948年6月「海洋ゴム株式会社」に改称
1954年8月 日本工業規格表示認可〔総ゴム靴類/JIS3287〕を受ける
1961年5月名古屋ゴム株式会社(現、豊田合成株式会社)と取引開始(自動車用ゴム製品の生産開始)
1969年9月 海山工場を現所在地に新設、型物製品の移設と射出形成機を導入
1973年1月本社・工場を現所在地に全面移転、集中生産開始
1981年2月
8月
豊田合成株式会社 資本導入「10%」
資本金3,600万円に増資
1986年3月 CHSホース形成機を導入、小径ホース製造の自動化を図る
1988年4月豊田合成株式会社「品質管理賞優秀賞」を受賞
1990年7月本社工場を増築
2000年11月豊田合成株式会社 当社株式51% 保有につき、連結会社となる
2001年4月豊田合成株式会社「技術向上賞」「品質優良賞」「原価優良賞」を受賞
2001年12月ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
2002年4月豊田合成株式会社「技術向上賞」を受賞
2003年12月ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得
2004年4月BS工場(1,254㎡)新築
2005年10月日本初ゴム一体分岐ホースの開発に成功、生産開始
2006年8月ホース加工工程(M棟858㎡)増築
2007年11月ホース加工工程(F等879㎡)建屋・土地の買収
2010年4月豊田合成株式会社「技術向上賞」「原価優秀賞」「環境貢献賞」を受賞
2012年2月高圧ターボホースの開発
2014年9月からくり改善くふう展2014で「ネーミング賞」受賞〈出番だ!マー君〉
2014年11月燃料電池車用 ウォーターホース生産開始
2015年4月豊田合成株式会社「環境優良賞」を受賞
2016年1月CHBホース成形機を導入、ターボホース製造の自動化を図る
2016年4月豊田合成株式会社「原価優秀賞」を受賞
2017年4月豊田合成株式会社「環境優良賞」を受賞
2018年4月豊田合成株式会社「環境優良賞」を受賞